足汗が臭い理由は何?

足が臭いというのは非常に恥ずかしい思いをするものですが、足が妙に汗をかいているとき、まず心配になるのがニオイの問題です。足汗が多いことで悩んでいる人の多くは、このニオイが気になると言います。

 

しかし実際のところ、足汗はそれほどニオイはしないのです。それでも足が臭いと感じた経験は誰にでもあるはず。これは一体、どういうことなのでしょうか。

 

足汗は臭くない?

足汗というのは、その多くが自律神経のトラブルから生じる、精神性発汗と呼ばれる種類の汗です。

 

足汗そのもののニオイはそれほど臭いということはありません。もしも臭いとしたら、それは普段から足のケアが不十分で、古い角質や垢がたまってしまっているためと考えられます。汗そのものではなく、垢のニオイです。

 

足汗を出している汗腺というのは、通常の汗と同じような種類のもので、ワキガなどの原因になるニオイの強い汗を出す汗腺ではありません。そのため、汗自体が強いニオイを持っているわけではないのです。

 

ニオイの原因は別にある

上記のように、足汗そのものでなく、ニオイが足の角質や垢にあることは多いです。しかし、それだけではありません。足というのは、靴下や靴など多くの衣類によって保護されていますが、一方で汗や空気の逃げ場が少なく、蒸れやすい場所だということができます。

 

高温多湿を雑菌は非常に好み、この環境の中で、足の垢や角質、皮脂をエサに繁殖し、靴下や靴にも付着していることも少なくありません。その雑菌が汗の栄養分を通して増殖することによって、急激にニオイを発するようになるのです。

 

そのため、足汗をかいてすぐは臭わないとしても、しばらく時間が経ってから強いニオイを放つこともあります。

 

 

ですから、対策をするなら雑菌対策で、そして清潔な状態を保つことです。靴や靴下には雑菌がこもりやすいので、連日同じものを履くのは控えましょう。替えの靴下を用意したり、通気性のよい靴を準備することは、ニオイ対策として効果的です。

 

制汗剤や防臭剤などを利用しつつ、基本的な対策を行っていきましょう。たとえ防臭機能のある靴下だとしても、基本ができていないと効果薄ですよ。

関連ページ

足汗でサンダルに自信がない人へのアドバイス
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。