足汗でサンダルに自信がない人へのアドバイス

足汗が多いと感じている人は、夏場だとしてもサンダルを履くことに、躊躇してしまうという人も多いようです。汗で滑ったり、ニオイが気になる場合もありますし、サンダルの材質や色によっては脱いだ時に、足汗がシミになって見えることも。

 

そのために夏場でも蒸れることを覚悟で靴を履き、余計に足汗で悩むということを繰り返している人も多いのではないでしょうか。足汗でお悩みの人は夏にもサンダルは履けないのでしょうか。

 

サンダルは通気性が良いからOK?

サンダルは通気性が良いから、足汗をかく人にも良いという話もあります。これは理屈ではわかりますが、実際に足汗が気になっている人は、そんなことを言っている場合じゃないと感じると思います。足汗が出ていること自体が恥ずかしいのに、露出なんてできません。

 

また、通気性が良いということは、ニオイも外部に漏れることです。ですから、足汗によってニオイが出ていたら、非常にまずいことになります。通気性が良いという理由だけではサンダルは勧められません。

 

工夫次第でサンダルも履ける

足汗だからと言ってサンダルを履くことができないことはありません。以下のような対策を行っておけば、余程の長時間でなければ、足汗を心配することなく外出することが可能です。

 

サンダル用のフットカバーを利用する

サンダルに対応したフットカバーも販売されていて、利用することによって、足汗をしっかり吸い取ってくれますから、足汗が出ても安心です。

 

足にも制汗剤を利用する

制汗剤を利用することによって足汗が出るのを抑えることが可能です。スプレーのものは効果が持続しにくいので、応急処置用として携帯し、メインはパウダータイプのものを外出前に利用すると効果的です。

 

普段から足を積極ケアする

足のニオイの原因になっているのは、足の雑菌や垢、古い角質で、汗そのものではありません。つまり、足をしっかり清潔に保っておけば、ニオイの問題は生じません。普段からしっかり洗ったり、足湯などで角質を落とすようにしておけば、自信もついて足汗の原因のひとつ、精神性発汗も抑えることが期待できます。

 

サンダル自体もケアを

サンダル自体も、防水スプレーを利用して汗がしみこむのを防止しましょう。これによってニオイが発生するのを防ぐことができるようになります。また、抗菌シートなどで拭いたり、定期的に天日干しして衛生的に保ちましょう。

 

滑り対策はサンダル選びから

汗でサンダルが滑ることがある人は、バングルのついたタイプのものを選びましょう。固定されることで滑りにくくなりますし、安心感から汗も出にくくなります。素材も汗が染みこみにくいものにするか、防水スプレーでケアしましょう。

関連ページ

足汗が臭い理由は何?
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。