足汗がひどいときは靴とサンダル、正解はどっち?

足汗が多いと足がベタベタしてしまいますので、履物に困るという人は多いです。通気性を確保するにはサンダルが良いという意見もありますし、サンダルは滑ったり、またニオイが気になるので靴が良いという人もいます。足汗がひどい人の場合には、靴とサンダルどちらが正解なのでしょうか。

 

履物を選ぶときに考えるべきこと

履物を選ぶ際には、靴かサンダルか、どちらが良いとは一概に言えません。それは当然TPOによっても変わってきますし、何より足汗の程度や状態によっても様々です。ですから、まず考えるべきは自分の足汗の状態と履物との相性です。

 

足汗の人が靴を履くメリットは、

 

・足汗が目立たない(隠せる)
・ニオイが目立たない
・防臭効果のある靴などもある

 

といったところで、デメリットは、

 

・足が蒸れる
・ニオイが自分でもわからない
・靴下が必要となる

 

と言ったところでしょう。

 

サンダルのメリットは、

 

・通気性がよく蒸れにくい
・靴下が不要

 

というもので、デメリットは、

 

・足汗によって滑ることがある
・足汗がひどいと素材や色によってはわかる
・ニオイが放出される

 

というようなものがあります。これらを踏まえて、自分の足汗の量や、ニオイの有無などを考慮して選びましょう。

 

靴とサンダル、どちらが正解?

あえてどちらが正解かを選ぶとするならば、足汗がひどい傾向のある人はサンダルを選ぶのが良いでしょう。通気性が良く、蒸れにくいサンダルは足の衛生状態を保つのによく、
また汗がいざ出ても、足のケアをするのが比較的容易だからです。靴や靴下は衛生的な状態なら良いのですが、長時間になってくると、どうしても雑菌の増殖を招くため注意が必要です。

 

ただし、サンダルは材質やケアが非常に大事で、ゴム素材や人工皮革の一部では、べトベトしてしまったり、滑ったり不衛生な状態が続く可能性があります。ですから、サンダルを利用するのであれば、防水スプレーなどの滑り対策をしたり、材質に注意してベタつかないようなものを選びましょう。

 

サンダル対応のソールなどが利用できるものがあればベターです。もちろん、定期的にサンダル自体もケアしてあげることを忘れないで下さい。どうしても靴が必要になる時は、靴下もスペアを準備し、なるべく通気性の良い靴を利用するとトラブルは少なくなるでしょう。

 

足汗は精神性発汗によって発生することが多いので、しっかり準備しておくだけでも足汗のリスクは下がりますのでぜひ試してみてください。

関連ページ

足の汗が多い人は水虫なの?
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。
足汗が出るのは普通?それとも・・・
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。