足汗が出るのは普通?それとも・・・

足汗の悩みというのは、たとえ家族や恋人が相手だとしても、なかなか相談することが難しいデリケートな問題です。それゆえに自分だけで抱えてしまうと、「自分はもしかして、何か異常な体質や病気を持っているのでは・・・」と心配になってしまうことも少なくないようです。

 

足汗が出るのは普通のことなのか?それとも何かの異常があるのか?今回はここに焦点を当ててお話してみたいと思います。

 

こんな足汗は「普通」!

人間の足の裏というのは、多くの汗腺がある部分です。汗腺というのは、ご存知だと思いますが、汗を分泌している部分です。人間の足の汗腺というのは、エクリン腺と呼ばれる汗腺があり、これは主に体温調節のための汗を出すための汗腺になっています。足の裏の汗腺は比較的活発に動いていて、一日に200ccほどは汗をかくそうです。

 

たくさん汗が出ると臭いが気になりますが、エクリン腺からの汗は基本的にほとんど水分で、無臭となります。ただし、汗を放置していると蒸れて雑菌が増殖し、臭いが出ることはありますかから、衛生状態には充分注意しましょう。

 

「体温調節のために」暑くて汗をかくのであれば、それは「普通」で、たとえ汗の量が多かったとしても、体温をうまく調節することで改善されます。

 

 

こんな足汗には「要注意」!

もしも、「体感温度と関係なく」多くの汗が出ているなら「要注意」です。この場合には、まずは「多汗症」が疑われます。多汗症というのは、簡単に言えば自律神経失調の症状のひとつです。自律神経の交換神経のはたらきが強く、そのために不要な場面で汗をかいています。

 

多汗症なだけなら良いのですが、自律神経失調の場合には、基本的に多くの付随症状がありますので、他にも何かトラブルがあることが多いです。

 

対策としては規則正しい生活をしながら心身の休息をとることですが、長引いたり悪化するようであれば、一度医療機関で相談してみるのが良いでしょう。多汗症の診断は、皮膚科で行っています。

 

 

また、足汗が長く続いていて、足の皮膚がふやけて崩れたり、白くなっていたなら、その場合には白癬菌(水虫菌)の感染が疑われます。足汗による高温多湿状態が続いた中に、何かの経路から白癬菌が感染し、その結果水虫が進んでしまったと考えられます。

 

そして、上記のエクリン腺のところで説明したように、足汗自体はほぼ無臭です。しかしながら、その足汗そのものが強烈な臭いを放っているようなら、肝臓や腎臓などの機能に何か問題が出ている可能性があります。

 

 

体内の毒素の分解や排出がうまくいっていない状況が考えられますから、一度医療機関で検査を受けてみたほうが良いでしょう。思わぬ大きな病気が隠れている可能性があります。

 

肝臓や腎臓のトラブルは、そのものに自覚症状が無いケースも多いので、こういったものが体のSOSサインとなっていることがありますので注意が必要です。

関連ページ

足の汗が多い人は水虫なの?
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。
足汗がひどいときは靴とサンダル、正解はどっち?
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。