多汗症は足にも起こっている

「私ったら汗かきだわ」と思っている人の中には、汗をかく場所が頭や首、脇、背中などの部分だけではなく、手のひらや足の裏に異常に汗が出るという人もいます。一般に多汗症と言われているものは、その部位によって少しずつ違いますが、足の裏に汗を多くかく種類は「足蹠(そくせき)多汗症」と言います。

 

足蹠多汗症の悩み

足蹠多汗症では、なんと言っても汗が出ることそのものがストレスです。これは、汗なら別にそこまで気にしないという人でも、足の裏という不衛生な部分でかく汗であるために、臭いや雑菌などが気になります。

 

床の間などに上がる場面があれば、さらにそのストレスは高まりますよね。靴が蒸れたり、水虫などのリスクも高まることも考えられますから、実際の害以上にストレスになることが多く、そのストレスがさらに症状を悪化させる原因となることも少なくありません。

 

足蹠多汗症の対処方法

この足蹠多汗症の原因は明確には解明されていないのですが、おおよそ発汗を促す交感神経の過度の活動が原因だとされています。

 

緊張状態になると生じる発汗である「精神性発汗」は、一般的な体温調節とは関係なく起こり、これが手のひらや足の裏で生じやすく、手足の多汗症の多くはこれによるものです。そのため、汗を意識して恥ずかしく感じると余計に汗が出る傾向があります。

 

対処方法としては、まずは制汗剤などで一時的にでも汗を抑えること。これは心理的にも安心をもたらすので、制汗効果はかなり高いです。

 

 

また、交感神経を刺激する要因である冷えを避け、体をリラックスさせるためにも体を温かく保つことが有効です。運動ができたら一番ですが、過度にならないように衣類を調節したり、カイロなどで温めるのも効果があります。

 

医療機関でイオントフォレーシスやボツリヌス注射などの、汗腺や汗腺につながる神経に直接的に作用する方法によって、汗の分泌自体を止めてしまうという方法もあります。

 

多汗症の多くは、汗が多く出ることを意識すると悪化しますから、「気にしない」ことが足汗対策では重要です。気にしないでいられるよう、できる対策を行うようにしましょう。

関連ページ

夏の足汗ケアで注意したいこと
臭くて蒸れる足汗を何とかしたい方、足汗をガッチリ止める対策をお伝えします。人気のおすすめ制汗剤をランキング形式でお伝えします。