デトランスαを成分からみた効果

汗の問題をストップする「アルミニウムクロリッド」

デトランスαの主要な制汗成分が「アルミニウムクロリッド」です。日本では「塩化アルミニウム(溶液)」という言い方をしますが、この成分は多くの制汗剤に利用されている成分のひとつです。

 

作用としては、汗腺を閉塞させることによって汗腺の機能を停止させ、汗そのものが分泌されないようにする効果があります。

 

 

基本的に効果は一過性で、永続することがありませんから、体の機能としての発汗を完全に損なうことなく、必要に応じて、汗の分泌をコントロールすることが可能です。

 

足裏はエクリン腺という汗腺が多いため、その機能を奪うことによって、足汗のトラブルが激減します。少し強い成分になりますので、使用した後は拭き取ることが必須となります。

 

殺菌・防臭の「アルコールデナ」

足汗の悩みのひとつが、その臭いです。

 

足汗の汗腺はエクリン腺であるため、強い臭いが出ることはありませんが、雑菌の急速な増殖によって臭いが生じることはあります。デトランスαでは「アルコールデナ」、日本で言うエタノールによって、雑菌たちを殺菌消毒し、臭い物質を作らせません。

 

また、アルコール類は揮発性のある成分ですから、塗った後にすぐに乾いてくれるのも嬉しいところですね。足のサッパリ感を演出しつつ、不要な汗や雑菌を防いでくれます。

 

使用感をやさしくする成分たち

デトランスαは、強力な成分を高濃度で配合している商品です。そのため、日本の医薬品の基準とは合わない部分があります。しかしながら、その肌への刺激を柔らげる成分も配合されていて、それが「アルミニウムラクタート」や「プロピレングリコル」などです。

 

こういった成分が含まれていることによって、肌へのダメージを緩和し、デオドラント成分のメリットを活かすことに成功しています。

 

肌質には個人差があり、絶対的に安心ということではありませんが、用法が適切であれば、肌へのリスクも少ないとされています。

 

デンマーク発の人気制汗剤↓↓